読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOL家を出る

28年間実家暮らしだったOLがついに一人暮らしを始める、悲喜こもごもの記録ブログ

物は減らしたいけど趣味は断捨離したくない女の葛藤

f:id:aringring:20161128115036j:plain

気づけば引っ越してから10日ほど経過しました。

ようやくホームシックも落ち着き、新居にも慣れてきたこの頃。

もう一度、自分が持っている「物」たちについて考えてみたいなと思うようになってきました。

 

 

お部屋のメイン収納はカラーボックス

私は1Kの物件に住んでいるのですが、キッチンが狭すぎて冷蔵庫が置けず、仕方なく部屋の中に置いています。なので、冷蔵庫の隣にカラーボックスを2個並べてパーテーション代わりにしています。

ここはいわゆる見える収納になりつつも、毎日使うものばかり置いているので整然として見えるよう工夫しました。

f:id:aringring:20161128112813j:plain

 

まずボックスの上です。

f:id:aringring:20161128112820j:plain

ここは毎朝メイクをするときのスペースになるのでデスクライトと鏡を置いています。「禁」マークは鏡にいらないものが写りこんだから入れています。笑

右端のドリンクを入れているこげ茶の入れ物はダイソーで買ったのと、デスクライトは家から持ってきたものなのでどこで買ったか不明なのですが、あとは全て無印のものです。

ミラーは裏が3倍に拡大されるので本気でお肌のチェックをしたいときなどに使っています。そして下の部分がお皿状になっているので、ハンドクリームとネイルオイル、リップクリーム、毛抜きなどこまごましたものを置いています。毎日つけている指輪も寝るときはここに置いています。

 

それからベースメイクものは2つに分けています。チューブ状のものは左側のアクリルケースに斜めにたてて収納。上から日焼け止め、コンシーラー、リキッドファンデと使う順番に入れているので寝ぼけていてもメイクを失敗しません。笑

 

真ん中のPPケースも無印のもの。おしろいやパフ、綿棒などを入れています。フタ付きでほこりが入らないので清潔に使えるのがお気にいりポイント。

 

続いてボックスの中を一つ一つ見ていきましょう。

f:id:aringring:20161128112817j:plain

左上から説明していきます。

 

左上:メイクの色物や筆を収納しています。これもすべて無印の収納です。特に、色物を入れている3段のアクリルケースは少し前の無印良品週間で購入したお気にいり!

アイシャドウとリップが一目で見えるのでとても便利です。ただチークが入りきらなかったのでチークだけPPボックスに入れて上にのせています。

あとアイシャドウやリップを最近爆買いしてしまったのでけっこう厳選して持ってきてます。半分近く実家に置いてきました。

 

左真ん中:ヘアケアとアクセサリーを収納しています。

右からドライヤー、ヘアトリートメント、その他小物類、アクセサリーケースと立てて置いているのですが、縦置きは本当にオススメ。横置きにしちゃうとスペースを半端なくとるので・・。

 

左下:本とDVDを入れています。本もDVD・CDも実家にはかなり大量にあるのでかなり厳選して持ってきました。本は実用書がメインで、お部屋作りが個人的にまだ未完成だと思っているので、断捨離系の本を置いています。

図書館が近くにあるので小説類が読みたくなったら図書館に行きます。

お料理の本も実家から最低限のものを持ってきました。ほとんどクックパッドなどで事足りますからね・・。

 

そして次は右側です。

右上:スキンケアを入れています。

肌が弱いのでスキンケア用品も増えがち。ここはもう実家から丸ごと持ってきました。いくらメイクをしたって素肌がきれいじゃないと映えないので・・。環境が変わると肌荒れしやすいけれど、スキンケアを変えなかったのでそこまで荒れませんでした。

 

右真ん中:ニトリのカラーボックス用ケースに、書類系をまとめて入れています。ダイソーで買ったプラスチックの書類ケースを立てて入れてます。これも横置きにしちゃうと取り出すとき大変なので縦置きがポイント。

 

右下:同じくニトリのカラーボックス用ケースに、タオルやハンカチ、その他こまごました日用品を入れてます。毛玉取り器とか。笑

布系グッズでまとめているので、使いたいときにパッと取り出せます。

 

そしてカラーボックスの右側に見える本たちは、習い事の教科書です。デカくてカラーボックスの縦幅をはみ出していたので別収納です。これはなんとかしたいんですが、サイズ的に入らないので困っています。

 

 

意外と物がある

部屋の収納はこのカラーボックスだけではありません。据え付けのクローゼットもあるし、ベッド下には押し入れ収納ケースを入れています。

 

私は引っ越しを自分の車でやったので少しずつ荷物を運び入れたのですが、なかなかに大変でした。

運ぶのが大変なので、持ってきた荷物は必要最低限のはずなのに意外と量があって困惑しています。

生きていくのって、たくさん物がいるんだな・・。

 

しかし、引っ越して10日ほど生活してみたら、もう少し減らせるのではないか?とも思うようになりました。

少なくとも、実家に放置してきた荷物はかなり減らせそうです。奨学金の書類とかそういう大切なものや、シーズン外れの服以外は全部捨てても大丈夫かもしれません。おいてきてるコスメとか本とか、売りたいです。

 

また、実家から持ってきたものの10日間で一度も着なかった服や、たくさんありすぎるタオル類は実家に持って帰りました。

タオル類は親が使うので良いのですが、服なんかはまた衣替えシーズンに見直して減らしたいものです。

 

断捨離祭りに終止符を打てる日はくるのでしょうか?

 

でも趣味はやっぱり手放せない

私は多趣味ですが、今回の引っ越しにあたりたくさんの趣味を手放しました。

カメラ、音楽(実家では良いコンポで聴いていたしCDもDVDも大量)、読書(家族全員分合わせたら1000冊以上に家にある)などなど・・。

全て持って行こうと思ったら部屋がパンパンになってしまうからです。

 

そして実益と趣味からどうしても捨てられなかったのが、「美容」です。

私は自分の外見にとてもコンプレックスがあります。アトピーだったから肌も弱くてすぐに荒れてしまうし、すっぴんでは外に出られません。

そんな私がほんのちょっとだけ明るい気持ちになれるのがお化粧をしたり、お肌や髪のお手入れをしているときです。

かわいいコスメを眺めていると幸せだし、アイシャドウとリップの組み合わせを考えているとあっという間に時間がたちます。

そしてお肌と髪の毛は美容すべての土台になるものだからお手入れは欠かせません。

 

ミニマルライフ、シンプルライフには憧れますが、毎日同じお化粧で過ごすことは今の私にはできません。

お洋服は少ないものを着まわしても、お化粧とヘアスタイルを変えれば印象も変わるので私にとってはお洋服よりもお化粧品のほうが大切。

だから今回、厳選はしたものの手放すことはなく新居でも美容を楽しんでいます。

 

お金や場所をとる趣味も、少なく絞れば充分楽しんでいけるなあと実感しています。

引っ越しのための断捨離が、自分にとって何が大切かよく考えるいい機会になりました。